既存住宅状況調査技術者

平成30年4月に施行される改正宅建業法における現況状況調査(インスペクション)の担い手として新たに始まった「既存住宅状況調査技術講習会」に行ってきました。

日本と住宅は海外と比べ、耐用年数も短く、建築と同時に資産価値は減り続けローンを払い終えたころには資産価値は0になります。

今後新築住宅の着工数はますます減り続け、中古住宅のリフォーム、リノベーションが増えてきます。

そうした中で既存住宅が資産となる「新たな住宅循環システム」を構築するために建物状況調査(インスペクション)のできる人材育成のための講習会です。

売主、買主が安心して取引できるようしっかり勉強します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です